キューブロックテクノロジー

서브 비주얼

アプリケーション

石炭ガス化 / 液化

이미지

石炭ガス化は、細かく粉砕した石炭を高温で燃焼させ、特殊な工程でSynthetic gasを作り出す技術です。
石炭ガス化の技術を応用した発電システムにIGCC(Integrated Gasification Combined Cycle: 石炭ガス化複合発電)があり、通常の石炭火力発電に比べると、石炭の燃焼効率が高く、CO2の排出量を低く抑えることが可能で、さらに、CCS(Carbon Capture and Storage: 炭素回収貯留)技術を組み合わせることで、実質的にCO2排出量をゼロに抑えられます。
現在、IGCCは原子力に代わる発電システムの主役として注目されています。

  そのプロセス中でも特に石炭を微粉炭にするためのロックホッパーシステムは、ガス化炉に注入する前段階で重要な役割があり、その切替弁には、高圧下で締切り性能が高いメタルシートボールバルブが採用されます。
しかし、微粉炭、高圧、高頻度という過酷な条件下では、通常のメタルシートボールバルブでは、極端にバルブの寿命が短くなります。
QUBLOCKが提供する超高真球度のボール、スクラッピング形状のシート、ポケットレス設計は、高い締切り性能を長期間にわたって発揮し、プラントの安定操業をサポートし、メンテナンスコストを低減します。
また、酸素サービスで使用される禁油ボールバルブは、高レベルのクリーンルームで部品管理、及び組立作業が行われ、高い安全性を実現します。
バルブ技術のリーダーとして、QUBLOCKは、厳しい条件のプロセスにおいても、明確なソリューションと安全性を提供しています。