キューブロックテクノロジー

서브 비주얼

製品

ダイバータバルブ

キューブロックはダイバーバーバルブ(YTL)の開発にあたり、高圧下での粉体、スラリー、粒状、ペレットなどを含むアプリケーションを想定しあらゆるシミュレーションを元に詳細設計を行いました。
このYTLバルブは、過酷な条件下で遮断ポートへの漏れを防止し、流体の確実なスイッチングを可能にします。

Product Range

Rating Class150 – 2500#, JIS10K – 63K
Size 1” – 20” (Larger size are avilable as option)
Temperature up to 500 deg-c (Higher temperature is available as option)
Leakage Rate API598, Tight sutoff
Materials Carbon steel, Stainless steel, Titanium, Hastelloy, Inconel, Others.
Hard Facing Tungsten Carbide, TiO2, SFNi, Others
Desing Cole APL608, ASMEB16.5, ASME B 16.34, ASME B16.10, MSS SP-72, ISO5211, ISO5752
Options Ultimate Pocketless, Special Packing Material, Jacketed Type, Various Piping connections,
Various Port available such as Y Port, L Port, T Port and customized port angel

Rugged Diverter Valves Rugged Diverter Valves Rugged Diverter Valves

Ideal for the High Pressure Application ; Class 1500 (クラス1500LBまでの高圧アプリケーションに対応)

キューブロックのダイバータバルブ(YTL)は1500LBまでの高圧アプリケーションにおいても重厚な個別設計を行い確実なスイッチング性能を提供します。一般的なダイバータバルブは主に低圧条件で使用されますが、近年の化学プロセスにおいてダイバータの確実なスイッチング性能が見直されて高圧、高温、高頻度開閉などのより厳しい条件への対応が求められています。
キューブロックのダイバータ(YTL)は、その要望に応えて最新のハイテクプラントを支えています。

Tight Shut-Off Performance (タイトシャットオフ性能)

キューブロックのダイバータバルブ(YTL)はメタルシートボールバルブの基本構造を周到し、真のタイトシャットオフ性能を発揮します。通常の3方バルブは流れの切り替え時に必要とされており、遮断性能については重要視されていませんでした。
このYTLはメタルシートであっても高い遮断性能を持ち、確実なスイッチングを可能にします。

High Performance for Powder, Slurry, Catalyst (パウダー、スラリー、触媒のための設計)

キューブロックはダイバーバーバルブ(YTL)の開発にあたり、高圧下での粉体、スラリー、粒状、ペレットなどを含むアプリケーションを想定しあらゆるシミュレーションを元に詳細設計を行いました。
このYTLバルブは、過酷な条件下で遮断ポートへの漏れを防止し、確実なスイッチングを可能にします。

Various Port Angles Designed for Customer Needs (多様なポート角度)

お客様のニーズに合わせて設計されるポート角度は、90°、120°、135°などご要望によって合わせることができます。
また、キューブロックの3方ダイバータ弁は、バルブ内の流路についてもY型、T型、L型を選択でき、典型的な標準化ではなく、個別のカスタマイズに対応できます。