キューブロックテクノロジー

서브 비주얼

製品

フローティング ボールバルブ

QUBLOCKのボールバルブには、長年わたる日本の技術が凝縮され、さらに高度な生産技術のイノベーションによって性能と品質が安定し、プラントの効率化と安全操業に貢献しています。

Product Range

Rating Class150 - 500, JIS10K - 3K
Size 1/2"-10"(15A-250A)
Temperature

up to 800 deg-c (1,470°F)

Leakage Rate API598, Tight Shut Off
Design Code API608, ASME B16.5, ASME B16.34, ASME B16.10, MSS SP-72, ISO5211, ISO5752, API 6D

QUBLOCKのフローティングボールバルブは、特に高い温度、圧力、腐食や浸食といった厳しいプロセスに柔軟対応するために設計され、汎用設計のバルブとは違う、最適なブロック·ソリューションを提供します。

QUBLOCKのノウハウはエンジニアの長年の経験と研鑽を通して得られた実績に基づいており、優れた品質のフローティングボールバルブを提供します。

Superfine Roundness Floating Ball (超高真球度ボール)

独自のQ-LAPシステムによって製造された究極の真球度を持つボールとシートは、高いシール性能を発揮するだけでなく、異物のかみ込みを防ぎ、長期にわたるシールの安定性と作動性を維持することができます。
また、メタルシートでありながら高い閉止性能を発揮し、ANSIクラスVI、API598を満足します。

Fugitive Emission Design - ISO15848 (国際規格ISO 15848)

プラントの安全性レベル向上は、プラント管理者にとって最も重要な課題の一つです。特にバルブを含む機器から、プロセス流体が外部へ漏洩することに関しては厳しい規制が設けられています。
QUBLOCKは、エミッションテストの国際規格ISO-15848に準拠する、低排出レベルを達成できるいくつかのパッキンオプションを提供しています。

Scrapping Seat Design (スクラッピングシート)

バルブが開閉されるたびにスクラッピングシートが、ボール表面に付着した流体をセルフクリーニングします。
さらに、滑らかなボール表面は、残留物の堆積を防ぎ、コーティングの硬さとシートの特別なエッジ処理が、流体による浸食や腐食からボール保護します。
その結果、耐久性が大幅に向上し、長期間にわたってゼロリークを維持することができます。

Double Seal Structure (二重シール構造)

外部リークの可能性がある接続部分は、全て、ソフトシールガスケットとメタルタッチシールの2重シール構造になっています。
本質的なファイヤーセーフ構造、低漏洩、容易なメンテナンスを実現します。