キューブロックテクノロジー

서브 비주얼

製品

ゲートバルブ

信頼性の高い遮断性能を必要とするプロセスにおいて、ゲートバルブは適しています。 それは、ゲートバルブの特長であるトルクシール構造で流体をブロックすることができるためです。
トルクシール構造とはディスクとシート面との面圧に外部からの操作トルクが直接伝わり、強いトルクをかければ、その分だけ全閉位置でのシール面圧も高くなる構造を意味します。 よって緊急の場合は、強いトルクで操作すれば、それに比例して高いブロック性能を発揮する信頼性があります。 
また、全開時においては、弁内部に流路に障害物を持っていないため、充分な流量が確保でき、圧力損失もほぼありません。

Product Range

Rating Class 150 to 2500, JIS 10K to 63K
Size 1/4" to 60"
Temperature

550°C, 1022°F

Type Bolted Bonnet, Pressure Bonnet, Solid Disc, Free Disc, Back Seat
Seat Leakage API 598
Design Code API 600, API602, ASMEB16.5, ASME B16.10, ASME B16.34, ISO5752

Double Seal Structure (二重シール構)

QSシリーズのユニークな利点は、二重シール構造の設計です。 外部リークの可能性がある部分にはソフトシールガスケットとメタルタッチシールの2重シール構造になっています。 このデザインは、シール性能が高いだけでなく、本質的なファイヤーセーフ構造であり、同時にメンテナンスも簡単に行うことができます。

* ファイヤーセーフ - 火災が発生した場合には、ソフトシールガスケットのシール性能が低下し、または焼損する可能性がありますが、メタルタッチシールがバックアップとして機能して外部漏れを防ぎます。

* ローエミッション - 二重シール構造が高いシール性能を発揮するのは、2段階でシールするためですが、それだけでなく、 ソフトシートガスケットの最も適した圧縮率をメタルタッチシール部の加工寸法で管理しており、ソフトシートが最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートしています。

容易なメンテナンス – ソフトシールガスケットには、その性能を発揮するための最適な圧縮率(圧縮トルク)が必要とされます。 通常この圧縮率は、ボルトの締め付けトルクで管理しますが、二重シール構造は、すでにメタルタッチシールの加工寸法で最適な圧縮率になるよう管理されており、締め付けボルトでのトルク管理は必要ありません。現場での保守や点検の作業が容易になり、作業ミスのリスクが軽減されます。

Bellows Seal Performance (ベローズシールオプション)

ベローズシールは、バルブのステムグランドからの漏れを完全に遮断するために最も有効なオプションです。 ベローズカートリッジがバルブボンネットとステムの両方に溶接されており、バルブステムの動きに応じて伸縮する仕組みになっています。
ベローズカートリッジの耐久性や溶接技術の進歩により、その信頼性は飛躍的に向上しています。

Purging Function (パージ機能)

パージノズルはバルブ内部への流体の目詰まりや堆積を防止するために使用されます。 エアパージノズルはお客様のご要望と使用目的に応じて様々な部分に適用できます。腐食性流体の洗浄、堆積した粒子の除去、異常昇圧時の圧力排出など、様々な機能を提供できます。

Cost effective Design (コスト軽減設計)

QSシリーズのゲートバルブは、様々な業界での厳しいアプリケーションの条件を満たすために、特殊な材料を使用するケースが多くあります。
そのため、ボンネット部分に接液部と非接液部の2つの異なる材料を組み合わせることによって、特殊材料の使用範囲を軽減し、費用対効果の高いソリューションを提供しています。